カンジダ完治

デーデルライン桿菌の役割

 

女性というのは男性のように性器が露出しているわけではありません。
さらに肛門から非常に近い場所に性器がありますので、便や尿によってかなりの雑菌が繁殖しています。

 

そのため、本来であればこのような雑菌によって酷く性器が炎症を起こしてしまっても仕方がないはずです。
しかし、毎日のように性器が炎症を起こして痛みやかゆみがある、ということはありませんよね。

 

これはどうしてなのでしょうか?
それはデーデルライン桿菌が性器を護っているからなのです。
デーデルライン桿菌が雑菌やウィルスの増殖を防いでくれているからなんですよ。

 

しかし、近年ではデーデルライン桿菌の働きが低下してしまっている女性が増えているそうです。
というのも、それは主にウォシュレットによるものだといわれています。

 

ウォシュレットというのは便や尿を排出した後にデリケートゾーンを清潔に保つうえで非常に効果的です。
しかし、ウォシュレットによってデーデルライン桿菌も洗い流してしまっているのです。
デーデルライン桿菌の数が減少してしまえば当然ですが、雑菌や細菌の繁殖を抑制することができずに炎症を起こしてしまいます。

 

近年、膣炎等の病気を発症してしまうことが多い理由というのはこのようなことが関係しているのです。

カンジダ完治