カンジダ完治

ポピュラーな感染症のカンジダ膣炎

 

カンジダ膣炎は、ポピュラーな感染症です。女性の4人のうち3人は感染したことがあるというほど、多くの患者がいるものです。膣炎と聞いてしまうと性感染症のように思われますが、カンジダ膣炎は性感染症ではありません。性感染症は性交渉を行うことによって、相手が持っているウイルスや細菌などが感染し発症するものです。しかしカンジダ膣炎の原因となるカンジダはもともと女性の膣内に存在している菌で、疲れやストレスなどで免疫力が下がることで増殖し症状が出てきます。そのため、性交渉を行ったことがない女性でも免疫力が低下すると発症することがあるのです。そのため、女性の4人のうち3人という多くの人が感染しているのです。
カンジダ膣炎はポピュラーな病気だからと言って放っておいていいわけではありません。デリケートゾーンの症状のため病院に行くのが恥ずかしいという人もいますが、放っておくと不妊の原因になったり、出産時に赤ちゃんに感染してしまったりすることもあるのです。また、免疫力が低下することで再発しやすいので、何度もデリケートゾーンの痒みに耐えなければならなくなります。まずは病院で適切な治療と予防方法を聞くことが重要です。

カンジダ完治